「今年のプレゼント何にしよう.....」って悩みはAmazonクリスマスギフトにお任せです!

わかりやすい文章を書くには、ノートでまとめてからキーボードを叩けばいい

 

 

こんにちは、ツマルです。

 

「文章を書いていると、途中で何を書いているのかわからなくなる」

「だいぶ話が横道にそれて、無理矢理シメのことばにいってしまう。」

 

そんな悩みは、「ノートにまとめてキーボードを叩く」だけで改善されていきます。

 

今から説明して行きますので、今後のあなたの参考になればうれしいです。

 

 

買い物に行くときにメモを持っていくと楽

 

親子のスーパーでのお買い物を例えにしましょうか。

 

まず、カレーの材料をメモしてきた親をイメージしてください。

次に、親からすぐに離れて行く子どもをイメージしてください。

 

親には「鶏肉を使ったカレーを作る」というテーマがあります。

子どもは「ゆうはん、かれー」くらいのテーマです。

 

親は買い物に行く前に、材料をメモしてきたので、それを見ながらカートに次々にいれて行きました。

子どもは、はじめは親と「かれー」の材料を探すのについていっていましたが、途中でおかしに夢中になったり、試食コーナーに行ったり、最終的にはぐれて迷子になってしまいました。

 

 

もうなんとなく言いたいことわかります?

  • パソコンで文字を打つ→買い物
  • テーマ→カレー
  • 文章構成→材料
  • ノートに書く→メモ
  • わかりやすさ→レジまでの動き

で例えたんですが、ようするに

「文章構成を先にノートに書き出せば、テーマも忘れないし、わかりやすい文章がかけるぜベイベー」

てことなのです。

 

ツマルさん

迷子にならないように、1つ文章書くごとにテーマ(メモ)を見るくらいでいい

 

 

ノートに書くと頭の中が目でみえる

パソコンって文字を書くスペースが狭いし、書いた文章が下から上に流れて見えなくなるじゃないですか。

これが迷子になる原因の1つです。ノートは全体像が目で見えるので

 

ノートに思いついたことを書いていくと、どんどんどんどん文字が出てきます。

逆にテーマからそれちゃっていらない内容が出ちゃったり(それが他のテーマのネタになったりも)

 

ツマルさん

考えているだけじゃ出てこなかったアイツも出てくるぞ!

 

 

 

計算ドリルは答えを見たい

 

買い物の例は、文章を自分が迷子にならないように説明しました。

次は、読んでる相手にわかりやすい文章を書くコツです。

 

僕みたいにブログで文章を書く場合、日記を書くのもいいんですが、そんなの誰が読むんでしょうか?

もし、相手がグーグルで「誰でもいい 日記」とか検索してあなたの記事を読んでいるならいいんですが、

99%それはないと思います。

 

なにかを調べたくて・タイトルに惹かれてその記事を読みはじめたと思います。

読んでる人の気になることは、さきに教えてしまいましょう。

「え?そんなことしたらオチがバレちゃう!」

いいんです。バラしましょう。なんなら見出しもその章のネタバレでいいと思います。

 

そもそもそのオチまで見てくれる保証はありますか?

グダグダ書いてるうちに、読んでる人はページを閉じちゃいます。

 

読んでいる人は

「まず答えを見て→なぜその答えになったのか」

という順番で読んでいる人のよくを満たしていきます。

 

そうするとストレスが少なく、相手が最後まで読んでくれる確率が上がるでしょう。

 

ツマルさん

ここまで読んでくれてるあなたが証人

 

 

まとめ

 

僕も試行錯誤して「できるだけわかりやすく書きたい!」と思ってこの文章を書きました。

今回2冊の本を参考に、実際にノートで構成を考えました。

 

とにかく「文章で迷子にならないためには、ノートで準備してからキーボードを叩く」

めんどくさいことを先にすれば、後が楽になる人生法則ですよ!

相手のことを考える前に自分の心配してきましょう。

 

ツマルさん

たくさん書きまくって練習練習!

 

 

じゃ、「わかりやすい文章を書くには、ノートでまとめてからキーボードを叩けばいい」でした、あざした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください