「ウマ娘」ってAmazonプライム会員なら2期全話観れるって知ってた?

除湿器ごときで梅雨が快適になってしまい困っています【[DH-CS01] ポータブル除湿機】

こんにちは、ハナツマです。

突然ですけどあなたは「梅雨」が好きですか?


紫陽花や 昨日の誠 今日の嘘

〜正岡子規〜

 アジサイが色を変えていく様子に例えて「人の心も花の色のように嘘みたいに移っていくものね」と謳っている梅雨を代表する有名な俳句。

 せっかくこんな過疎ブログを見てくれたあなたの心が、少しでもしみじみしてくれればな、と思って紹介してみた。(余計なお世話)


何百年越しのぼくらの生活にも溶け込んでくるなんて、詩ってすごいよね。

でも偉人の俳句を読んだところで、ボクは梅雨が嫌いなことは変わらない。

きっとあなたもそうだと思う。

ということで今回は梅雨を快適にする「除湿器」を紹介する。

  • ベトベトした環境が嫌い
  • 市販の使い捨て除湿剤を使っている

ベトベトするとなんだか気分が乗らないし、市販の使い捨て除湿剤は見た目がダサいよね。(良い意味で)

そんなことに心当たりがあれば、ぜひあなたにおすすめしたい。


KLOUDIC 除湿機のメリット・デメリット

いいと思ったところ
  • 湿気が少なくなったのが明らかにわかる
  • お手頃価格
よろしくないなと思ったところ
  • 稼働音が気になる(慣れればそうでもない)
  • ライトアップが絶妙にダサい

KLOUDICはどの国のメーカーなのか

う〜ん….調べたけどKLOUDICがどこの国のメーカーかわかる情報がなかった。

おそらく中国製だと思うけど。(違ったらごめんなさい)

KLOUDIC:公式ホームページ>>

スペック

製品情報はこんな感じ。ボクの部屋は1K6畳なんだけど、機能性としては充分。8畳くらいの部屋でも問題なく除湿してくれると思う。

メーカーKDFV
梱包サイズ29.5 x 16.5 x 16.3 cm
梱包重量1.53 キログラム
電池使用なし
ブランド名KLOUDIC
容量1000 ml
Amazon商品ページより

大きさは2Lペットボトルほど

大きさは2Lのペットボトルほど。この除湿機は上から見ると正方形(16cm×16cm)なので、横を向けてもほぼサイズは同じ。

電源供給がA Cアダプタなのが惜しい

Type-C USBケーブルであって欲しかった

これがダサめのライトアップだ

動画を見てもらうとわかる通り、色がゆっくりと無駄にいやらしい速度で七色に変化していく。(除湿機にいやらしさは求めてない)

ライトの色をどうやって決めるかというと、変化していく色を眺めながら、好みの色になった瞬間に「今だ!」という感じで、電源ボタンの隣のランプマークのボタンを押す。そうすることで変化し続けるライトの色が止まるという仕様になっている。

個人的には除湿機に照明機能は求めてないので、ライトモードは消灯させて使わせて頂いております。

実際に使用してみた感じ

「除湿機なんて本当に効果あるのか?」と思っていた。でもそんなのは世間知らずな僕の杞憂だった。

普通の記事なら湿度計を画像として貼り付けて

「80%から60%まで除湿されてました!」

とかいうところなんだろうけど、なんとボクの家には湿度計がないので文章だけでお伝えすることになる。怠惰で申し訳ない。

どのくらい変わるかというと、外から部屋に入った時に

  • クーラーつけているわけでもないのに涼しい
  • 帰宅途中まで「早く風呂に入りたい…」と思っていた気が失せる
  • 除湿機に水が溜まっているのを見て嬉しくなる

といった生活の変化が起きた。

買っても効果がわからないモノは、ダイエットグッツのようなものを始め、いろいろなものがあるけど、今回の除湿機に関していえば間違いなく生活が変わる一品だったなと思う。

まとめ

コロナウイルスによってこれまでの過ごし方から変化があった人が多いと思う。

ボク自身もコロナが流行る前に比べて、プライベートな時間も家にいる時間がグッと増えた。

ということは自宅環境を改善していくことが、人生の豊かさに直結していくと言ってもいいんじゃないかと思う。

僕自身も世間の流れからは遅くはなったけど、最近テレワークというものが始まったので、この除湿機とともにもっと快適な職場兼部屋を作っていきたいなと思っている。