「ウマ娘」ってAmazonプライム会員なら2期全話観れるって知ってた?

【3月編】28歳男が無印良品で買ったもの

2021年4月1日が何の日か知っているだろうか?

そう、商品の税込価格表示が義務化される日。

なんのことかというと、

「100円+税」みたいな、わかりにくい値段の書き方はダメ!

「110円(税込)」のようにしっかりと税込価格を表示させましょう

という決まりが国で作られたので、全国のお店で実施しなければならないルールになった。

そんなルール化がはじまる前から、税込価格を表示させて「お客様の立場でモノを販売していた」優良なお店がある。

それは無印良品だ。
(これが言いたかっただけ)

国税庁:「総額表示」の義務付け

というわけで、今月の無印良品の購入品をひとことで言ってしまうと「はみがきセット」。

インビザラインという歯の矯正の真っ最中の僕にとっては、食後の歯磨きは必須。なので常に歯ブラシセットを持ち歩いている。

今まで使っていた歯ブラシセットが汚くなったので(画像は自粛)、無印良品のものに一式鞍替してみようというわけだ。

それでは簡単に画像とともに紹介していく。

アクリル手付コップ

アクリル手付コップ:¥590(税込)

自宅のうがい用コップとして購入したのが「アクリル手付コップ」。

2年前、東京に引っ越してきて100均かどこかで購入したコップが、ろくに洗っていないせいか汚くなってきたので交換したかったというのが理由。

素材はアクリルなので落としても簡単には割れない

パッとみるとガラスに思えるのが、無印良品の質の良さとして見え隠れしていてイヤらしい。

実は、箱の中身は開けられず、見本もなかったので開封するまで透明のコップだということを知らなかった。

「ま、無印のことだから、オリンピックの時の松岡修造を彷彿とさせるくらいの赤色なんてことはないよね。」と思って購入していたので、予想通りでひとまず安心している。

ポリプロピレン歯ブラシ

ポリプロピレン歯ブラシ 白:¥190(税込)

無印良品の歯ブラシはこのノーマルタイプの他にも5種類ほどある。

  • 極細毛
  • ワイドヘッド
  • コンパクトヘッド
  • 電動歯ブラシ
  • 携帯用折りたたみ歯ブラシ

実は持ち運び用のものが欲しかったので、携帯用折りたたみ歯ブラシが第一希望ではあったんだけど、ちょうど行った店舗に置いてなかったので諦めた。

別に折りたためなくても、次に紹介するものと組み合わせれば持ち運び可能になるからだ。

シンプルなフォルム
もうちょっと硬めがいい

ブラシのかたさはいわゆる”ふつう”なんだけど、”かため”が欲しいなと思った。やわらかブラシは”極細毛”が担当しているけれど、かためが担当しているタイプがない。

かための歯ブラシはガシガシしていて無印良品の”丁寧な感じ”のイメージからかけ離れているからだろうか?それとも単にかためは人気がないからだろうか….。

サイドメッシュ歯ブラシポーチ・S

サイドメッシュ歯ブラシポーチ・S:¥390(税込)

さきほど紹介した、ポリプロピレン歯ブラシを入れる用のポーチで「サイドメッシュ歯ブラシポーチ」という商品。

「携帯用歯ブラシって市販のよく売ってるやつを使うと、ケースの中に水分が溜まってきて不快じゃない?」ということで、このポーチならメッシュ素材なので、水分がしっかり逃げてくれそう、と思って買った。

携帯用歯磨きジェル

携帯用歯磨きジェル:¥290

歯ブラシをポーチに入れているだけだと、どこか物足りない。歯磨き粉もできれば欲しい。というわけで「携帯用歯磨きジェル」は2個入りのものを購入した。

中身のジェルは白い半透明な色をしている。実際に歯ブラシにつけた時の磨き心地は「まったり」という感じで、よくあるメントール感はほぼゼロ。

もう一点伝えたいのが、泡立ちが少なさ。

泡立ちが少ないなんて「この歯磨きジェル何がいいの?」と思われると思う。だけど歯磨きの本質は、あくまでも歯に着いた食べかすを取ることで清涼感を得ることじゃない。

ということは、歯磨き粉は泡立たない方が磨く時間が長くなるので結果的によく磨けると思う。よってこのジェルはいい歯磨き粉だといえる。

まとめ

  • 2021年4月1日から商品の税込表示が義務付けられる
  • 無印良品はいつも税込表示なのでぼくらの味方

今回は上の2点が伝われば良いなと思って書いてみた。

無印の紹介というより、税込表示義務化の方が伝えたかったことかもしれない。

じゃこのへんで!