「ウマ娘」ってAmazonプライム会員なら2期全話観れるって知ってた?

Amazonで買った5,800円の人工観葉植物が微妙だった【ツツジ・レモンリーフ 90cm】

部屋に緑がほしい、それも安く緑が欲しい。

緑のラッカースプレーで部屋の壁を塗りつぶすのも一つの手段かもしれないけれど、だいたいの人は、観葉植物を頭に思い浮かべるのではないだろうか。

観葉植物経験のない僕が、今回Amazonで5,000円代という格安の観葉植物を見つけて購入してみたのでレビューしていく。

もう少しボリュームが欲しかった

去年(2020年7月)購入したので、実はもう半年以上経っている。
ただ、段ボールが家に届いて開封した時のガッカリ感は忘れない。

「思ってたのと違うわ…」

結論としては「もう少しだけボリュームが欲しかった」と思っている。

下のスペックをみてもらうと、買った時のサイズ感はある程度わかるはずなんだけど…。後悔している自分はイマジン度が低かったとしかいいようがない。

商品情報
  • 光触媒フェイクグリーン(人工植物)
  • 高さ 85~90cm / 幅 40cm / 奥行:25cm
  • 重さ:1.79 Kg
  • 鉢: 高さ 26cm / 直径 16.5cm 
  • 銀配合光触媒コーティングで抗菌、消臭、脱臭効果が期待

参考:Amazon商品ページ

高さは約90cmなので、だいたい腰くらいの高さにてっぺんがくるとイメージして欲しい。

銀配合光触媒コーティングにかんしては、効果は感じられない。
仮にこの観葉植物を部屋から取り除いて実験したとしても、そもそも普段の自分の部屋の臭いがわからないから比べようがない。自分の体臭がわからないのと同じ。

横から見たときの驚き

正面

葉の表は濃いグリーン、裏は薄めのグリーンで作られている。なかなかにリアルな葉を再現しているので、少し離れれば人工には見えない。

横から見たときの衝撃が忘れられない。
最初に言った「思ってたのと違うわ…」というのは、この横の姿を見たときの感想だ。

枝が3本あって、わりと自由が効くので調節したりした。でも、どの方向からもバランスよく見えるようにすると、壁が透けるように見えてスカスカになってしまう。

だから「もう少しボリュームが欲しい」という評価になった。

最終的に、一点突破するかのように葉を前に向かせて、後ろからは見えないような位置においた。どこかの武士がのこした兵法を学んだような気持ちにさせられた。

角に居れば、後ろを攻められることはない

拡大してみるとこんな感じ

小さな芽がリアル
葉の表面
葉の裏面
枝と葉のつなぎ目

拡大してみると、やっぱり人工だなと思ってしまう。
でも5,000円代でここまでリアルに作られていることについては、すごいコスパがいいように思う。

良いところ・ダメなところ

良いところ

・葉のデザインが丸っこくて可愛らしい

・1メートル離れてしまえば人工植物だとわからない

・枝のデザインが綺麗

ダメなところ

・葉の量(ボリューム感)が少ない


葉の量の少なさはダメなところでもあるんだけど、コンパクトってことで長所でもある。

例えば僕のように部屋が狭い人にとっては、壁際に置くことでスペースを取らずにすむ。
葉の量が多くなればその分幅を取るという短所にもなりうることなので、そこも参考にしてもらえるとイイと思う。

メーカーは造花ドットコム

Amazonの商品ページには、[ ブランド:ノーブランド ]と表記されているけど、実際は造花ドットコムというメーカーが販売している。

1977年創業の造花専門の輸入・製造・販売のアイリス有限会社が運営する直販ネットショップです。直販店ならではの通販限定の低価格販売。商品もすべてオリジナルにこだわり、インテリアとして自信を持って飾れるデザインを中心に企画。一部商品は、自社で手作りで製作しています。

引用:公式サイトよくあるご質問「造花ドットコムについて」より

公式サイト:造花ドットコム

まとめ

今回はAmazonで買った格安人工植物について書いた。購入を検討している人の参考になったら嬉しい。

個人的には、もし買う前に戻れるとするならもう少し値段を上げても120cmくらいの、ボリューム感のある観葉植物を購入したい。

安物買いの銭失いだったなと思う。