Amazonで無印良品の商品が買えるようになったみたい。

【やり方解説】カブのマフラーのガスケットを交換したよ!

 

 

「ガスケット」を交換しました!

ガスケットとは・・・接続部分からの空気や液漏れを防ぐのに使われるパッキンみたいなもの

 

エンジンから液漏れや排気漏れがしていたり、マフラーを交換する場合は、

ガスケットが劣化している可能性があるので新しくすることをオススメします。

10分くらいでできる作業なので今回、自分でやってみました。

 

 

もくじは目を軽く通してください。

必要な道具

 

新しいガスケット

大手のバイク部品メーカーのカブ用アイテムなので安心です。

ちなみにamazonだとガスケットを含めてその他の商品と2000円以上合わせ買いしないと購入できません

(僕はヘッドライトの電球と一緒に買いました。)

単品買いしたい場合は、楽天市場だと600円くらいでできます。

 

10mmと14mmのレンチ

マフラーを外さなければならないです、そのときに使います。

10mmの方は画像の左みたいな形のレンチが外しやすかったです。

 

マイナスドライバー

ガスケットは結構こびりついているので、剥がすのに使いました。

穴を空ける錐(キリ)みたいのでもいいかもしれない。

 

ガスケットリムーバー

あまりにも剥がれないようなら買ってもいいかもしれません。なくてもできます。

皮膚に着くと危険なので取り扱いだけ注意です

 

じゃ作業開始〜

 

 

 

ガスケット交換作業開始

 

マフラーを外す

14mmのレンチを使います

こちらは10mmのレンチです。ポイントは、2つを交互に少しずつ緩めていくこと。

(片方先に外すと、マフラーが傾いて、もう片方に負荷がかかりボルトが折れる可能性を防ぐため)

 

マフラーを外しました。

マフラーの接続していた穴をのぞくと、画像だと茶色っぽくなってますが

これがガスケットです。こびりついているので耳かきみたいに剥がします。

(内部を傷つけすぎないように、上手く剥がせるやつなら道具はなんでもOK)

僕はマイナスドライバー使ったけど。

 

外せました。

右の新品と比べると汚くてボロボロなのがわかります

「高校球児の練習後のユニフォームと練習前の比較かよ」と本当に言葉に出したツマルでした。

 

一応横から見た画像

なんかチョコみたいで美味しそう。

 

 

新しいガスケットを装着

こんな感じではめました。

 

マフラーを元に戻す

戻すときも、ナットを交互に少しずつ締めていってね!

 

注意
必ずマフラーを完全に付け終わったらエンジンをかけて、接続部分から異音・液漏れ・排気漏れがないか確認しましょう。

 

てな訳で、カブのマフラーガスケット交換終了です!

 

まとめ

  • マフラーを外す(ナットは交互に緩めてく)
  • 古いガスケットを剥がす
  • 新しいガスケットをはめる
  • マフラーを付けて、正常か確認!

 

じゃ以上で終了です。お疲れっした!

ほかにも初心者向けカブのメンテナンスやらちょいとした記事も書いてるのでよければ

当ブログ「リトルカブ」の記事一覧へ